HOME > キャッシングについて > お金の借りる手順

お金を借りる流れ

お金を借りるまでの流れは会社によって違いますが、基本的なことはほぼ同じで、申込み→審査→融資(お金を借りる)という流れです。申し込み方法はインターネット、電話、無人ATMなどがありますが、インターネットで申し込み→審査→来店して受け取り、という申し込み方法が最も早くお金を借りられるので、現在の主流となっています。最も早いところだと30分程度で融資可能な会社もあります。

申込について

申し込みには細かい個人情報が必要です。WEB上で申し込みできるところがほとんどなので、各キャッシング会社のホームページから申し込み→審査に進むのが早いです。借りられるかどうかをシュミレーションしたい場合はシュミレーション機能が付いたホームページで簡易審査をしてみましょう。収入や年齢によっておおよその借入可能金額がわかります。審査完了までは借りることができませんので、急ぐ方は「お急ぎの方はこちら」などの表記から申し込み・連絡をするといいでしょう。

審査について

審査にかかる時間は会社によってまちまちですが最短で30分程度で結果がわかるところもあります。インターネットで申し込みし、収入や他社からの借り入れなどを重点的に審査され、借入可能かどうか、可能であれば限度額がいくらかなどが決められます。審査結果はメールもしくは電話で知らされることがほとんど。本格的な審査の前に簡単な診断ができる会社もあります。

振込について

審査が終了するとすぐに指定口座に振り込み可能、というキャッシング会社がほとんどです。特に大手のキャッシング会社は申し込み後すぐに口座に振り込み可能ですね。キャッシング用のカードが届くまでは指定の口座に振り込んでもらうという方法でしか借入できないので、振り込みではなくATMで引き出したいという人は無人ATMなどで契約してカードを作ってからキャッシングすることになります。

このページのトップに戻る