HOME > キャッシングについて > 審査について

審査で見られるポイント

審査というのは、お金を貸しても確実に返ってくるかどうか、いくらまでなら返済かのうなのかというのを審査するということです。業者側も返済が滞ると利益が出ませんので、借りた人が返済できないような金額は貸してくれません。審査の基準は申込者本人の年収や他社の借り入れの有無・借入総額など。他社の借り入れなどがあると限度額が低くなったりする場合もあります。

年齢

キャッシング可能な年齢はほとんどの場合が20歳以上です。金融会社の契約可能な条件の多くが「20歳以上で決まった収入がある方」となっています。ですが、最近では学生向けのキャッシングがあることも。会社によって違うので各サービスを良く比較しましょう。借りられる年齢の上限はほとんどの場合が65歳未満となっており、収入が確保できる方のみになっています。

職業

キャッシングに申し込むとほとんどの場合で職業を聞かれます。正社員かそうでないかも重要視されます。一番評価が高いのは公務員でしょう。要は「安定した所得がある人」でないとなかなか貸してくれない、ということです。ですが最近ではパートやアルバイトでも貸してくれるキャッシング会社も増えてきました。収入があればある程度は借りられる可能性がある、ということですね。

既婚か未婚か

男性は既婚・未婚が限度額に影響することはほとんどないと言っていいでしょう。女性の場合は専業主婦だと借入できない場合が多くなります。また、パート・アルバイトの場合でも借りられますが限度額はそれほど大きくないので、大口融資は難しくなります。既婚女性でもフルタイムで働く正社員などは男性と同じように借りることができるでしょう。

電話・住所

キャッシング会社と契約する場合、個人情報を細かく知らせる必要があります。電話番号・住所も知らせますが、契約書類やキャッシング履歴など、家族に知らせたくないものは家の住所以外のところに送れる会社もあります。勤務先の電話番号も必須で、在籍確認のために個人名で電話がかかってくることも。できれば直通電話を知らせておくと会社の人に知られずに済みます。

このページのトップに戻る